FC2ブログ

Entries

うつ病とアルコール中毒(#4)

こんにちは~雨の日々の、つかの間の晴れの日ですね~
興味深い記事の続きです、
共有したいと思います。

----------

平成10年から、わが国の自殺者は年間3万人を超え、
その後10年あまりこの状態が続きました。
国としてさまざまな対策が打ち出される中、当初は、
自殺の背景にあるアルコール問題には目が向けられて
いませんでした。

しかし最近になって、「アルコール・うつ・自殺」の
関係が浮かび上がっています。
「自殺予防総合対策センター」が平成19年度~21年度に
行なった調査で、自殺者の2割以上が、亡くなる前の
一年間に飲酒問題を抱えていたことがわかりました。
その中心となる層は40~50代の男性有職者です。

かつ、この人々は平均して2つの精神疾患を抱えており、
中でも「アルコール使用障害」と「うつ病」との合併が
多く見られました。
4割以上は実際に、うつ病などで精神科を受診していま
したが、アルコールに関連した治療や援助を受けていた
人は皆無でした。

一方、同センターが全日本断酒連盟の協力を得て実施した
アンケート調査では、アルコール依存症者はきわめて高い
割合で、自殺念慮や自殺企図を経験していることもわかって
います。

海外では自殺とアルコールの関係が、かねてから指摘され、
様々なデータが出ています。
なぜ、アルコールが自殺を引きよせるのでしょうか?

一つは、急性の影響です。
「いっそ死んでしまいたい」と思うようなつらさを抱える
ことと、死ぬための行動を実際に起こすこととの間には、
大きな隔たりがあります。
けれどアルコールは脳の機能を抑制することで、思考や
判断能力を低下させ、一足飛びに最期の一線を踏み越え
させてしまうのです。
実際に、アルコール問題を抱えた中高年男性自殺既遂者の
多くが、最期の致死的行動を飲酒酩酊の状態で行なっています。

もう一つは、慢性の影響です。
これまで述べてきたように、アルコールは長期的には抑うつ
状態を作り出します。
加えて、飲酒にまつわるトラブルが続くことで、周囲との関係が
悪化し、本人は孤立を深めていくため、自殺のリスクをますます
高めてしまうのです。
アルコール依存症が「慢性自殺」とも呼ばれるのは、このためです。
自殺防止のためにも、うつ病対策だけでなく、飲酒問題への対策が
欠かせません。

-----------

お酒は、狂い水とも言われます。怖いですねぇ~

相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
https://utupapasan.jp/tb.php/55-eeefec3a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー(月別)

04 ≪│2022/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天市場

Amazon


FC2

A8ネット

ポイント貯めるなら

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Extra

プロフィール

御久しぶりです。「うつパパ」です。 あっという間に50歳、娘達は 15歳と13歳になりました。 大手メーカで電気エンジニアを していましたが、結局、休職から 退職になり今は闘病しながら 頑張って在宅勤務やってます。

最近の記事

カウンター

最近のトラックバック