FC2ブログ

Latest Entries

うつ病とアルコール中毒(#4)

こんにちは~雨の日々の、つかの間の晴れの日ですね~
興味深い記事の続きです、
共有したいと思います。

----------

平成10年から、わが国の自殺者は年間3万人を超え、
その後10年あまりこの状態が続きました。
国としてさまざまな対策が打ち出される中、当初は、
自殺の背景にあるアルコール問題には目が向けられて
いませんでした。

しかし最近になって、「アルコール・うつ・自殺」の
関係が浮かび上がっています。
「自殺予防総合対策センター」が平成19年度~21年度に
行なった調査で、自殺者の2割以上が、亡くなる前の
一年間に飲酒問題を抱えていたことがわかりました。
その中心となる層は40~50代の男性有職者です。

かつ、この人々は平均して2つの精神疾患を抱えており、
中でも「アルコール使用障害」と「うつ病」との合併が
多く見られました。
4割以上は実際に、うつ病などで精神科を受診していま
したが、アルコールに関連した治療や援助を受けていた
人は皆無でした。

一方、同センターが全日本断酒連盟の協力を得て実施した
アンケート調査では、アルコール依存症者はきわめて高い
割合で、自殺念慮や自殺企図を経験していることもわかって
います。

海外では自殺とアルコールの関係が、かねてから指摘され、
様々なデータが出ています。
なぜ、アルコールが自殺を引きよせるのでしょうか?

一つは、急性の影響です。
「いっそ死んでしまいたい」と思うようなつらさを抱える
ことと、死ぬための行動を実際に起こすこととの間には、
大きな隔たりがあります。
けれどアルコールは脳の機能を抑制することで、思考や
判断能力を低下させ、一足飛びに最期の一線を踏み越え
させてしまうのです。
実際に、アルコール問題を抱えた中高年男性自殺既遂者の
多くが、最期の致死的行動を飲酒酩酊の状態で行なっています。

もう一つは、慢性の影響です。
これまで述べてきたように、アルコールは長期的には抑うつ
状態を作り出します。
加えて、飲酒にまつわるトラブルが続くことで、周囲との関係が
悪化し、本人は孤立を深めていくため、自殺のリスクをますます
高めてしまうのです。
アルコール依存症が「慢性自殺」とも呼ばれるのは、このためです。
自殺防止のためにも、うつ病対策だけでなく、飲酒問題への対策が
欠かせません。

-----------

お酒は、狂い水とも言われます。怖いですねぇ~

相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


うつ病とアルコール中毒(#3)

こんにちは~
興味深い記事がありましたので、
共有したいと思います。

----------

もともと「うつ病」があって、そこからアルコールに依存していく人が
いる一方で、逆にアルコール依存によって「うつ状態」になっていく
人々もいます。
飲酒の習慣が始まった当初は、飲むことで「ふつう」の気分が
「ハイ」な気分へと移行しますが、問題飲酒の段階に至ると、
アルコールが入っているときは「ふつう」の気分でいられても、
アルコールが抜けると「落ちこみ」に襲われるようになります。

この頃になると、飲酒によるさまざまな問題も起きてきます。
飲みすぎを心配したり責めたりする家族との間で不和が生じたり、
肝臓病などのアルコール関連疾患、仕事の効率低下や仕事上の
失敗、周囲の信頼を失う、飲酒運転など社会的な問題、経済的な
問題、失職……。

酔っている間はこうした悩みを忘れていられても、しらふになれば
山積みの問題が目の前にあります。
うつ的な気分になるのも当然のことです。

加えて、食欲を失い、やせてくる……この状況で、アルコール
専門ではない一般の精神科を受診すれば、うつ病と診断されて
もおかしくありません。

実際に多くの精神科で、アルコールの問題が見逃されているの
です。

イギリスの精神医学のガイドラインにも、飲酒問題がある人で
うつ病や不安障害を疑う場合は、アルコールを切って3~4週間
経過を見てから判断するよう書かれています。

アルコール依存症にともなって「うつ」になっている場合、
断酒してしばらくすれば、うつ状態も改善していくケースが
多数です。

断酒後も「うつ」の問題が残るケースでは、アルコール依存症の
回復と並行して、うつ病としての治療を受ける必要があります。

----------

私も肝臓病になりました。今は酒は一切飲んでいません。

相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


うつ病とアルコール中毒(#2)

こんにちは~
興味深い記事がありましたので、
共有したいと思います。

----------

うつの治療を受けているなら、飲酒をやめることが必要です。

そもそもアルコールは脳に作用して気分を変化させるため、
抗うつ薬が効いているかどうかなど、治療の効果が判断でき
なくなります。

また、抗うつ薬の治療効果が低下したり、副作用が強く現わ
れることもあります。
さらに問題なのは、アルコールには依存性があるため、
酔いを求めて依存が進行していくと、
「飲むことで問題が悪化している」ことが明らかでも、
飲むのをやめるのが非常に難しくなってしまうことです。

この段階に至っていたら、まずはアルコール依存症としての
治療・援助を受けることが必要です。
けれども現在、多くの一般精神科でアルコールの問題が
見逃されているのが現状です。

抗うつ薬、睡眠薬、精神安定薬などを服用している状態で、
アルコールを飲み続けることは、思わぬ作用を引き起こして
生命の危険があります。
また、処方薬とアルコールの双方に依存してしまうリスクが
高くなります。
アルコール・薬物依存症は、飲酒や薬物使用をコントロール
できなくなる病気です。
いわば脳の中で飲酒や薬物使用に関するブレーキが壊れて
しまい、いくら意志の力を強くしようとしても、行動の制御が
できません。

たとえば「今日は飲むまいと決意しても飲んでしまう」
「いったん飲み始めると酔いつぶれるまで飲んでしまう」
などのパターンに陥ります。

----------

思い当たるフシは誰でもあると思います。

続きは後日に

相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


うつ病とアルコール中毒(#1)

おはようございます。
うつ病とアルコールについて興味深い記事があり
ましたので皆さんと共有したいと思います。

----------

酒は百薬の長といわれます。アルコールには、
ほろ酔い加減であれば、気分を高揚させる作用が
あります。
落ちこんだ気分が一時的にはアップするため、
「うつ」のつらさを飲酒による酔いで紛らわそうと
する場合があります。
特に男性は、つらさを誰かに打ち明けたり、
助けを求めたりするよりも「自分の力で何とかしよう
とする」傾向が強く、その手段としてアルコール
という薬物を使用する……
いわば抗うつ薬代わりに「自己処方」することが
しばしば見られるのです。
また、うつに伴う不眠の苦しさを解消しようとして、
寝酒という手段をとる人も少なくありません。
けれど、これらは非常に危険な方法です。
アルコールは長期的には、抑うつ傾向を高める効果を
もたらします。
一時的に気分がアップしたように感じても、
連用すればむしろ、うつの症状を強めてしまう結果に
なるのです。
また、アルコールは眠りの質を低下させるため、
睡眠障害も悪化させます。
習慣的な飲酒は、薬物療法の効果を弱めるとの
指摘もあります。
ところで、うつ病の人のうちどれぐらいが、飲酒問題を
抱えているのでしょうか?
ある医師らが行なった、日本で初めての調査結果が
2011年に発表されました。
この調査では、精神科外来を受診した40~50代の
男性うつ病患者の、なんと3割以上が「アルコール依存症
水準の飲酒」や、「問題飲酒」をしていたという結果が
出ています。

また、女性のうつ病患者でも、全国調査の数字に比較して、
各年代でアルコール問題を抱える人の割合が高くなってい
ます。

----------

続きはまた後日に


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


うつ病のカミングアウト後(#2)

周りの人が注意すべき兆候

うつ病の患者さんは、自分では気づかないうちに
心身の不調を抱えている場合があります。
そのため、周りの人が、うつ病の方が出す“サイン”
を見逃さずに対応することが重要です。

以下のような兆候が見られたら注意が必要です。

 睡眠の変化(寝付けない、夜中に何度も目を覚ます、
  朝起きられない、早く起きすぎるなど) 
 食欲の変化(食べられない、食べすぎるなど)
 疲労が抜けない、ずっと疲れている
 何に対してもやる気が出ない
 常に落ち込んでいる
 日頃しないミスが増えている
 ため息ばかりついている
 何度も聞き返してくる
 いつも表情が暗い
 いつもイライラしている、何かに追われている
 仕事や学校を休んだり、遅刻したりすることが増える
 会話をしなくなった、人付き合いをすることが急に
 減った

など

以上のように、体の不調や気持ちが不安定な様子、
行動の急な変化が見られた場合は注意が必要です。

また、患者さんが「死にたい」「消えてしまいたい」
といった発言をしたり、身の回りの整理をし始めたり、
酒量が急激に増えたりした場合、自殺につながる
ケースも想定されるため特に注意が必要です。

早めにカウンセリングを受けられるように
手助けを支援しましょう。

相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


相互リンク大歓迎です。
良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← いろんな人いますねぇ


Appendix

カレンダー(月別)

04 ≪│2022/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

楽天市場

Amazon


FC2

A8ネット

ポイント貯めるなら

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Extra

プロフィール

御久しぶりです。「うつパパ」です。 あっという間に50歳、娘達は 15歳と13歳になりました。 大手メーカで電気エンジニアを していましたが、結局、休職から 退職になり今は闘病しながら 頑張って在宅勤務やってます。

最近の記事

カウンター

最近のトラックバック